忍者ブログ

嫌韓情報、まとめたいブログ

嫌韓ニュース、コラム、反日国、捏造・歪曲国家、虚偽の国、韓国の真実を伝える。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ソント(声闘)。韓国のあきれた風習。

韓国には、ソント(声闘)という言葉があるらしい。

以下、良い文面を見つけたので、転載陳謝。



声闘(ソント)とは朝鮮人の古くからの風習で声の大きさで相手の言論を封じること。

議論の内容は関係なく、ただ大声で早口で居丈高に話し、相手が何も言い返せなくなれば勝ち、というしきたり。

裁判などでは、大きな声で相手が何も言えないまでにひたすら発言をしまくる。
内容がオウム返しであろうと、罵倒や嘘八百だろうと関係ない。
レッテル貼りや人格攻撃、関係のない親類縁者への悪口、嘘泣きなども総動員し、相手が何も言えなくなれば、こちらの勝利である。


朝鮮での昔の裁判は、負けたらすぐ死刑になるので、もし後で相手が正しかったと明るみになっても関係無い。
客観的な真実、証拠や論理はもはや意味を持たないし、何の価値もない。

感情を露にし、自分は被害者であると相手より大きな声で主張し、その場を言いくるめられれば勝ち。
なので、真相はまったく明らかにならないばかりか、論理のすり替えが多発し、論議が一歩も進まない。


だから現代の韓国人も大声でひたすら自分の主張を繰り返し、 相手が何も言えないまでにマシンガンのように喋りつづけ、そして勝手に勝利宣言をして去っていく。

現代でも負けは一族の迫害を意味する。
だから韓国人は絶対に自分の非を認めない。この態度は、声闘(ソント)からきているのだ。



以上


なるほど、朝鮮、韓国人を表すとてもいい指標だ。

このブログなどをずっと見てきている人にとっては、なんてことのない記事だろうが、もし、初めて訪問されたような方などもいるかもしれないので、何度も言います。


まさに、韓国人はこういう感じ!!

私の体験もこんな感じ。
何か都合の悪い意見を私が言い始めると、途中から割って入ってきて、否定的意見を10分くらい話始める。

私も、負けじと「それは詭弁じゃないですか!?」と問い詰めると、「それは確かに!」などと一瞬認めるような態度をとりつつも、「でも、あーだこーだ・・・。」「だからこそ、あーだこーだ・・・。」という、机上の論理を並べ立てる。


結局、プロジェクトが進まないばかりが、ただの喧嘩!?のような状態になって会議が終わり・・・という結末。

こんな状態で、いい仕事ができるわけがない。

結局、最後はあやふやな内容のまま、突貫工事をして、そのプロジェクト自体が中途半端というか、企画倒れというか・・・。で終わる。



何度も言いますが、

韓国人と付き合って、得をした覚えがないです。

韓国人と付き合ってはいけません。

Kの法則が発動します!

拍手[10回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

Sponcer

スポンサード

Access

ブログ内検索

スポンサードリンク

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

[04/30 fkpwqq]
[04/30 fkpwqq]
[04/25 Smithe267]
[04/09 Michaelsori]
[12/01 NONAME]

スポンサー

P R

Copyright ©  -- 嫌韓情報、まとめたいブログ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]